CSR活動

CSR活動

品質向上への取り組み


企業理念に基づき「安心・安全」を最優先に

品質の向上に取みり組むことで

様々な団体から多くの表彰を受けています。

事故防止対策マニュアルの活用

 事故防止対策マニュアル」を活用しドライバー教育を行っています。また、毎月「安全対策会議」を行い「ヒヤリハット」情報を集め、事故を未然に防ぐ事の大切さを指導しています。

事故防止マニュアル

事故防止マニュアル

安全対策会議

安全対策会議

お客様との協力体制

 荷主企業・協力会社(下請け会社)とも、「輸送の安全を確保するための会議」を定期的に実施し、お互いの品質向上に向けた活動に取り組んでいます。

運送安全についての学習会

運送安全についての学習会

Gマーク取得学習会

Gマーク取得学習会

危険予知ワンポイント

 日常の施策として「危険予知」について「ワンポイント回覧板」を作成し1年半が経過しました。約100件の危険予知ポイントの資料が出来上がり一冊の「危険予知ポイント集」が出来るほどのストックが出来ました。忙しいドライバーさん達が10秒~20秒で目を通せ、分かり易いポイント集です。

ワンポイント回覧板

ワンポイント回覧板

外部機関の連携と活用

 トラック協会等からの案内による外部機関を活用したセミナー・講習会への申込参加により、ホットな情報や重要なポイントをご指導頂く事により一層のレベルアップに繋がっています。

自動車事故防止セミナー

自動車事故防止セミナー

フォークリフト講習会

フォークリフト講習会

安全への取り組み


企業理念に基づき「安心・安全」を最優先に

様々な団体から多くの表彰を受けています。

わが社の「運輸安全マネジメントの取組」

運輸安全マネジメント管理者
              新栄運輸株式会社
              代表取締役 増田 信之
              (関西総合物流センター・南港営業所・泉佐野営業所)

◇平成30年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)

  • わが社の事故防止のための安全方針・・・「安全は業務の基本」
  • 社内への周知方法・・・「プロドライバーの心得を記載したカードを配布し、ドライバーが携行」
  • 安全方針に基づく目標・・・「飲酒運転及び速度超過・信号無視違反の撲滅」
  • 目標達成のための計画・・・「出庫時の対面点呼の安全教育実施計画」
  • わが社における安全に関する情報交換方法・・・「定期的にドライバーとの個人面談による安全教育を行う」
  • わが社の安全に関する反省事項・・・「ドライバーの安全運行への意識(デジタルタコグラフ参照結果)が低い」
  • 反省事項に関する改善方法・・・「対面点呼時の安全指導による安全意識啓発」

             ~帰庫時のデジタルタコグラフ運転日報により、指摘・指導により安全意識の啓発を実施~

安全意識の啓発を実施

・わが社の事故に関する情報

平成31年(令和元年)度の目標 

人身事故「0件」

飲酒運転撲滅「0件」

自動車事故報告規則第2条に規定する事故目標

「0件」

平成30年度の結果

人身事故「0件」

飲酒運転「0件」

わが社の自動車事故報告規則第2条に規定する事故目標

「0件」

わが社の事故に関する情報

自動車事故報告規則第2条に規定する事故0件の達成に向けて目標とする

日常点検

日常点検
日常点検

出発時点呼前に「エンジン」「オイル」「ベルト」「タイヤ」等の点検を実施し、点呼時に異常がないか確認と報告を行っています。

安全衛生委員会

毎月1回開催し、最近の事故報告・対応・改善・定着化に向けて実施しています。
トラックの荷台から降りるときに足を滑らせ軽傷を負った事案が有り、その時の乗り降り時の注意喚起を実技を行い再発防止を行っています。

安全衛生委員会

ドライバー表彰

ドライバー表彰
ドライバー表彰

大阪府トラック協会より10年間無事故無違反・銀バッジ(2名)、5年間無事故無違反・銅バッジ(17名)を受けました。

Gマークの取得

この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。

(トラック協会HPより抜粋)

新栄運輸では、このGマークを

  • 関西総合物流センター
  • 南港事業所
  • 泉佐野事業所

3拠点にてそれぞれ取得、また継続しております。

Gマークの取得

環境への取り組み

自然のいとなみを尊重し、一人ひとりが環境へのやさしさを優先して行動します。

デジタコグラフ

 デジタコグラフによる安全運転指導は、安全運行に繋がり、急発進や急停止を回避することにより省エネ運転を実現することができます。
 帰庫時の日報提出により、個別面談し各ドライバー毎の指導を行っています。

運転記録証明書

 定期的に「運転記録証明書」を取り寄せ、業務以外での事故・違反の実態を把握し、個別に指導します。

デジタコグラフ

デジタコグラフ

運転記録証明書

運転記録証明書